LAM-daccha LQFPバージョン

2015年11月04日 morecat_lab Comments off

LAM(LPC-Arduino-Modoki)-daccha LQFP版

LAM-dacchaのLQFP版を試作してみました。

LAM-daccha-LQFP

続きを読む…

カテゴリー: ARM, mbed タグ:

ESP8266をArduino環境で使う

2015年11月02日 morecat_lab Comments off

Arduino環境からESP8266を使うための開発ボードを試作しました。

wifi-tng01

スイッチサイエンスさんのプロトタイプPCBサービスのベータ版で基板を作成たのでレポートします。

続きを読む…

カテゴリー: Arduino, Physical Computing タグ:

Segment LCDを試す

2015年10月17日 morecat_lab Comments off

Aitendoで在庫処分として安価に販売されている「Segment LCD」を試しました。

SegLCD01

続きを読む…

カテゴリー: Arduino タグ:

LAM-dacchaでIchigoJamを動かす

2015年09月22日 morecat_lab Comments off

LAM-dacchaIchigoJamを動かしてみました。

LAM-dacchaはlpc21ispで書き込むことを想定した、LPC1114のプラットフォームです。

物理的にはArduinoにあわせてあるので、ケースやらシールドが使えます。

IchigoJamも同じLPC1114を使っていますので、動作可能です。

LAM-Ichigo

続きを読む…

カテゴリー: ARM, mbed タグ:

LAM-dacchaでシリアルデバック

2015年08月14日 morecat_lab Comments off

小ネタです。

拙作のLAM-dacchaはUSB-Serialブリッジ(FT231X)経由でLPC1114を制御するようにしたmbedのボードです。

mbedの開発環境で作ったバイナリを、lpc21isp経由で書き込みできます。

FT231Xのハンドシェーク用の信号(DTR)がLPC1114のリセットピンに接続されているため、シリアル経由でデバックしようとすると、LPC1114にリセットがかかってしまいます。

MacOSX環境では、SerialToolsを使うとメッセージのやり取りができることが分かりました。

SerialTools

DTRのボタンでLPC1114にリセットをかけたり、ブートモードにすることもできます。

(了)

カテゴリー: mbed タグ: