7segduino Application (7) Combo sensor module

2015年04月24日

Switch Scienceで販売が開始されたセンサーモジュールBME2807segduinoにつないでみました。

IMGP0858

1. 概要

BME280はBOSCH社のコンボセンサーモジュールです。湿度、温度、気圧が測定できます。

データシートはこちら

I2CまたはSPIでデータを読み出せます。

ただし、電源およびインタフェース共に3.6Vまでですので、Arduino Unoに直結はできません。

今回は、7segduinoにI2Cで直結してみました。7segduinoは3.3V(または3V)で動かします。

2. 回路図

回路図を示します。

BME280-schematic

7segduinoの裏側に取り付ける基板(Micro Shieldと呼んでいます)実装しました。

I2Cバスのプルアップ抵抗はSwitch Scienceの基板上にある、あきパターン部分(R1,R2)にそれぞれ10Kオームを実装しています。

IMGP0853

3. プログラム

Switch Scienceの解説ページのプログラムを7segduino用に改造しました。

作成したプログラムはこちら

シリアル出力する代わりに、温度、湿度、気圧を交互に表示しています。4桁で表示する都合で以下のような桁数の表示にしています。

表示項目 単位 7segduino上の表示方法
温度 度(摂氏) C99.9
湿度 H99.9
気圧 hPa 1999.

3秒で表示を切り替えるようにしていますが、好みに応じて変更は容易です。

3.3Vで動かすことが前提ですので、FTDIアダプタも3.3V用を使いて書き込みます。

4. おまけ(ケース)

3Dプリンタで出力可能な7segduino用のケースを、OpenSCADを用いて設計しました。

7segduino-case

IMGP0859

設計データはThingiverse のこちらのページで公開しています。

上記の写真は、PrintrBot Simple MetalでフィラメントにPLAを用いて出力しました。

(了)

  1. コメントはまだありません。
コメントは受け付けていません。