アーカイブ

05:12 のアーカイブ

LAM-dacchaでシリアルデバック

2015年08月14日 morecat_lab Comments off

小ネタです。

拙作のLAM-dacchaはUSB-Serialブリッジ(FT231X)経由でLPC1114を制御するようにしたmbedのボードです。

mbedの開発環境で作ったバイナリを、lpc21isp経由で書き込みできます。

FT231Xのハンドシェーク用の信号(DTR)がLPC1114のリセットピンに接続されているため、シリアル経由でデバックしようとすると、LPC1114にリセットがかかってしまいます。

MacOSX環境では、SerialToolsを使うとメッセージのやり取りができることが分かりました。

SerialTools

DTRのボタンでLPC1114にリセットをかけたり、ブートモードにすることもできます。

(了)

カテゴリー: mbed タグ: