ホーム > AVR, Arduino > Arduino互換機のOnBoardを試す

Arduino互換機のOnBoardを試す

2013年07月28日 morecat_lab

OnBoardはDENSIKITさんで開発中のブレッドボード向けに最適化したArduino互換機です。

評価用に一枚頂きましたのでレポートします。

On bread board

1. はじめに

Arduinoをブレッドボードと組み合わせて使う場合、Arduinoからブレッドボードまでも配線が増えて煩雑になることがあります。

このため、次の2つのアプローチがあります。

(1) シールド上にブレッドボードを載せる

ブレッドボードシールドと呼ばれ、市販のプレーンなシールド上にブレッドボードを貼付けるだけで実装可能です。シールドに載るサイズのブレッドボードに限定されるため、大きな回路が組み難いという欠点があります。下の写真は、7segduinoの開発時に私の試した物です.フルサイズのブレッドボードはサーズオーバーで、空母の甲板に見えます。

breadboard shield

(2) ブレッドボードにのるArduinoを作る

もう一つが、Arduino自体を小型化しブレッドボードにパーツとして載せてしまうというアプローチです。

元祖はAdafruitのBoarduino(下記写真)ですが、その後、Arduino Pro-miniなどのDIPマイコン型のArduino互換機に発展しています。

Boarduino by Adafruit上記に整理学からは、OnBoardはBoarduinoの流れを汲むものです。ブレッドボードに完全に載せることまでを指向していない点でユニークです。

2. 組み立て

必要なパーツや回路図はOnBoardのHPを参照してもらうこととして、パーツを並べてみました。

OnBoard parts

スルーホール品だけを使っていますので、組み立ては簡単です。慣れた人だと30分くらいで組み立てられると思います。

組み立て上の注意点は次の通りです。

  • 電流測定用のジャンパ(CUR)は必ず実装する。
  • ブレッドボードにさしたときの干渉を防ぐため、基板裏側の余分なリード線は切ってなるべく平らにする。
  • できれば基板の裏側でブレッドボードに被さる部分をカプトンテープなどで絶縁した方が安心です。

3.テスト

とりあえず、テストのためにArduinoから書き込みをします。以下の設定が必要です。

  • マイコンボード -> Arduino Pro-mini 3.3v 8MHz with ATMega328
  • シリアルポート -> USB-シリアルアダプタにあわせる。(FTDIの場合。 /dev/tty.useserial-XXXXXXXX)

Lチカプログラム(Blink.ino)でOnBoard上のLEDが点滅すればオーケーです。

4. 拡張

4.1 RCduinoとして拡張端子を使う

OnBoardでは拙作のRCduinoと同様にクリスタル用の端子もD20,D21として入出力に使えます。

D20,21を使う場合には、Arduino IDEのコア部分を書き換えて置く必要があります。詳細は上記またはOnBoardのHPを参照して下さい。

4.2 基板上のタクトスイッチ

基板上のスイッチはどこのピンにも配線されていません。ブレッドボード側でどこかのピンにつないでやる必要があります。

OnBoard付属の例題では、D20,D21に接続する設定になっています。

5. ベータ版基板について

ベータ版基板は次の点が気になりました。

  • クリスタルを実装する場合、負荷容量を実装するパタンがない。
  • クリスタルまたはセラロックを実装する場合、D20, D21まで配線が伸びているので発振が不安定になる可能性がある。(パタンで切れるようにする)
  • リセットスイッチがSW1,SW2と同様に並んでいるので動作確認中に間違えて押しやすい。
  • 外部電源用の端子は基板の端が使い易い。
  • 基板の上面下面でISP端子を出すのは、個人的に嫌い。(これは趣味の問題なので、機能上は問題ありません)
  • そもそもISPは要らない(?)CPUソケットを使うのであれば、ブートローダを書き換える場合はCPUを外す前提で良い。

OnBoard is working

(了)

カテゴリー: AVR, Arduino タグ:
コメントは受け付けていません。