ホーム > AVR, Arduino > FT231X アダプタ

FT231X アダプタ

2013年07月18日 morecat_lab

PCB作成の際の面付けの練習用にFT231Xアダプタを作成してみました。

FTDI PCB

FTDI PCB

備忘録、資料として情報をあげておきます。

1. 回路図

FTDIの新しいチップを使っています。

FT231XはUSB2.0が使える上に安い。お買い得です。(210円 @ 秋月)

ft231x-morecat-circuit電源電圧を切換えられるようにしています。(IOは3.3Vで行います)

RESETピンだけは簡単なレベルコンバータが入れてあり、5Vで使う場合にも確実にリセットがかけられるようになっています。Sparkfunのアダプタの回路を参考にしました。

2. 基板の配置

ft231x-morecat-board

今回はMicro USBコネクタを採用しています。

IOの電圧(3.3V / 5V)の切換え用のジャンパ、電源を出力するかどうかのジャンパを設けました。

3. パーツリスト(BOM)

パーツ名 規格 コメント
USB・シリアル変換IC FTDI FT231XS 1
マイクロUSBコネクタ ZX62R-B-5P 1 逆向きのコネクタなので注意のこと
チップコンデンサ(1608) 47pF 2
チップコンデンサ(1608) 0.1uF 2
チップ電解コンデンサ 10uF 1
チップ抵抗(1608) 27オーム 2
チップ抵抗(1608) 1Kオーム 2
チップ抵抗(1608) 10Kオーム 2
チップFET 2N7002 1
チップLED(1608) 2
6Pコネクタ ライトアングル、メス 1

4. 組み立ての注意、利用状況

基板とパーツが小さいので、手組する場合には組み立て順序を間違えるとハンダゴテが入らなくなります。

先にFTDIチップとマイクロUSBコネクタ周りを実装します。ジャンパーの設定も忘れずに。

FTDI adapter

FTDI adapter

FTDI adapter in use

FTDI adapter in use

※ リフローで組み立てると組み立て易いのではないかと思います。

※ 次回基板を作成する場合には、チップ部品を2012サイズで作成する予定です。

(了)

カテゴリー: AVR, Arduino タグ:
  1. コメントはまだありません。
コメントは受け付けていません。