ホーム > Arduino > fluxamasynthをArduino UnoとMocoLUFAから使う

fluxamasynthをArduino UnoとMocoLUFAから使う

2012年01月09日 morecat_lab

Modern Device社で販売しているFluxamasynth ShieldはワンチップのMIDI音源Atmel’s ATSAM2195を搭載したArduino用のシールドです。Arduinoのセンサ類と組み合わせて、各種のオリジナル楽器の音源として利用することを想定している様です。

ATSAM2195は単体で入手することは難しいのと、QFPで扱い難いためこのようなシールドは有り難い存在です。値段もお手頃なので、クリスマスに注文しました。

fluxamasynth board

fluxamasynth board

ATSAM2195はシリアルまたはパラレルインタフェースから直接MIDI信号を受けることが出来ます。シリアルMIDIのインタフェースを付けるだけで、単体でMIDIのGM音源として利用することが出来ます。このシールドはArduinoから利用するばかりか、外部からシリアルMIDIを流してならすことも出来ます。

まずは、こちらで提供されているライブラリやプログラムで試しました。

fluxamasynth with arduino sketch

fluxamasynth with arduino sketch

PCからMIDI音源としてUSB-MIDI経由で鳴らすには、PCの出力を直接シリアルMIDIとして入れてやるのが簡単です。Arduino UnoのATMega8u2側をMocoLUFAに書き換えて、その出力を直接fluxamasynthに入れてみました。

fluxamasynth in action

fluxamasynth in action

さすがに、シールドの設計で直接シリアルに接続する方法は想定されていません。PINセレクトからジャンパを外して、Arduino のRxピンに接続する必要があります。

この場合、Arduino UnoをUSB-MIDIシリアルMIDIのブリッジとして使っています。ATMega8u2のみが動作していて、メインCPUであるMega328は何もしていません。もったいないですが、何かアプリケーションを動かすのも良いと思います。

(了)

カテゴリー: Arduino タグ:
コメントは受け付けていません。