ホーム > AVR > 米粒AVR(tiny10)のプログラムアダプタ

米粒AVR(tiny10)のプログラムアダプタ

2011年10月23日 morecat_lab

1. はじめに

米粒AVRことTiny10はリセット端子と電源を除く3ピンの利用が可能です。

リセット無効にすることによってリセット端子も入出力ピンとして利用可能になりますが、一度リセットを無効にすると再度プログラム書き込むことが出来なくなります。

リセット端子に12Vをかけることにより、再度プログラムの書き込みができます。

そこで、専用のプログラム用アダプタを作成しました。UsbaspというオープンソースのAVRライタのアダプタとして作成しています。avrdudeから利用することができます。

Tiny10 Program adapter with Usbasp

Tiny10 Program adapter with Usbasp

2. 回路

UabaspからTiny10に書き込むには次のように端子を接続します。

信号 Usbaspのピン Tiny10のピン番号
MOSI 1 1
RST 5 6
SCK 7 3
MISO 9 -

更に、書き込みタイミングでTiny10のRESET端子を0Vにする代わりに+12Vをかけるため、昇圧回路が必要になります。フラッシュプログラム用に+12Vを発生する専用のMAX662Aを使いました。

回路図は次のようになります。(手書きですみません)

Tiny10 Program adapter schematic

Tiny10 Program adapter schematic

プログラムアダプタの基板を作成しUsbaspの先に接続して書き込みを行えるようにしました。

Tiny10 Program adapter

Tiny10 Program adapter

なお、Usbaspのライタのファームウエアは2011-05-28版に書き換えておくことが必要です。書き換えのためにはもう一台別のAVRライタが必要になります。

3. 書き込み方法

avrdude から書き込みます。例えば、test.hexを書き込むには次のコマンドになります。 2行目のコマンドでは、リセットを無効にしています。

% avrdude -c usbasp -P usb -p attiny10 -U flash:w:test.hex
% avrdude -c usbasp -P usb -p attiny10 -U fuse:w:0xfe:m

4連のLED制御も出来るようになります。

Tiny10 4LED Control

Tiny10 4LED Control

(了)

カテゴリー: AVR タグ:
  1. コメントはまだありません。
コメントは受け付けていません。