ホーム > Arduino, Physical Computing > LeonardPirateを試す

LeonardPirateを試す

2011年10月22日 morecat_lab

@ytsuboiさんからArduino Leopardo互換のLeopard Pirateの試作基板とパーツを分けて頂きました。

LeonardPirateに関してはytsuboiさんのwikiページをご覧下さい。

leopard_pirate – ytsuboi’s wiki

LeonardPirate in action

LeonardPirate in action

1. 組み立て

早速、組み立てて動作の確認をしました。

パーツ数は少ないのですが、ほとんどがSMDなので注意が必要です。SMDの水晶発振子を使っていますが、長辺の方向さえ間違えなければ、向きはどちらでもかまいません。

2. パッチ修正

LEDのロジックがArduinoLeonardoの期待するロジックと逆になっているようです。回路の誤りと言うわけではありませんが、ファームウエアと意見が違うという程度です。

ファームウェアで修正することも可能ですが、せっかくなので、ハードウエア側でパッチをあててみました。回路は次のようになります。

LeonardPirateの回路修正箇所

LeonardPirateの回路修正箇所

実際にはパタンのカット(2カ所)ジャンパ線の配置(1本)が必要になります。LEDは逆向きに付けて下さい。

LeonardPirate Close-up

LeonardPirate Close-up

3. ファームウエアの書き込みと動作試験

ICSPコネクタにAVRライタ(avrtinyisp)をつないでArduino IDEからファームウエアを書き込めば完成です。

Adafruitの32u4 breakout boardの時と同様にArduino Leonardoとして認識されてスケッチの書き込みが出来ました。

4. メモ

Arduino IDEにはいくつかのAVRライタが予め登録されています。avrdudeでサポートされているライタであればメニューに追加可能です。例えば、usbaspはメニューにありませんが追加したい場合には“hardware/arduino/programmers.txt”に以下の行を追加します。


usbasp.name=Usbasp
usbasp.protocol=usbasp
LeonardPirate with Adafruit breakout and Pepper

LeonardPirate with Adafruit breakout and Pepper

カテゴリー: Arduino, Physical Computing タグ:
  1. 2012年01月06日 2012年01月06日 | #1

    How to use pin PD3 as TX and PD2 as RX?
    I can send/receive data through serial monitor but I can not get any signal when I connect pin PD3 and PD2 to oscilloscope. Why is that Yoshi?

コメントは受け付けていません。