ホーム > ARM, mbed > LAM-dacchaでIchigoJamを動かす

LAM-dacchaでIchigoJamを動かす

2015年09月22日 morecat_lab

LAM-dacchaIchigoJamを動かしてみました。

LAM-dacchaはlpc21ispで書き込むことを想定した、LPC1114のプラットフォームです。

物理的にはArduinoにあわせてあるので、ケースやらシールドが使えます。

IchigoJamも同じLPC1114を使っていますので、動作可能です。

LAM-Ichigo

1. IchigoJamの書き込み

lpc21ispを使ってIchigoJamのファームウェアを書き込みます

mac-mini$ lpc21isp -control -bin ichigojam.bin /dev/cu.usbserial-DA0059LO 115200 48000
lpc21isp version 1.97
File ichigojam-xtal.bin:
 loaded...
 image size : 21400
Image size : 21400
Synchronizing (ESC to abort). OK
Read bootcode version: 1
7
Read part ID: LPC1114.../102, 32 kiB FLASH / 4 kiB SRAM (0x1A40902B)
Will start programming at Sector 1 if possible, and conclude with Sector 0 to ensure that checksum is written last.
Erasing sector 0 first, to invalidate checksum. OK
Sector 1: ...........................|.........................|.........................|.........................
Sector 2: ...........................|.........................|.........................|.........................
Sector 3: ...........................|.........................|.........................|.........................
Sector 4: ...........................|.........................|.........................|.........................
Sector 5: ...........................
Sector 0: ..........................|.........................|.........................|.........................
Download Finished... taking 13 seconds
Now launching the brand new code
mac-mini$

2. ターミナルからのアクセス

シリアル接続できるターミナルソフトを使ってIchigoJamに接続します。今回はSerialToolsを使ってみました。

設定は次の通りです。ローカルエコーをオンにしないと、入力した文字が表示されません。

Serial Port:  usbseriall-DA0059LO (FTDIなどのシリアル番号に合わせる)

Baudrate: 115200

Local Echo: ON

IchigoJam-screen

3. LAM-dacchaにクリスタルをつける

IchigoJamにクリスタルをつけると、高精度の音階が出ます。

mbedでは使っていなかったので、クリスタルは付いていませんでした。基板上にパタンだけは用意してあるので、パーツを載せるだけで使えます。

IchigoJamのファームウエア書き換え時にIchigoJam-xtal.binを指定します。

4. BASICで組み込みプログラミング

以下にIchigoJamでサポートされているデバイスとLAM-dacchaのピンの対応を示します。

デバイス LPC1114のピン LAM-dacchaのピン配置
LED 14 D6
プッシュスイッチ(ボタン) 13 A4
ビデオ信号出力 1,2 D2,D3
PS2キーボード入力 26,28 D11,D13
スピーカ 24 D9

IchigoJam BASIC 1.0.1ではボタンを押したまま起動すると保存してあるプログラムが自動実行できるようですので、BASICで組み込みプログラムをすることもできるようです。

BASICで手軽に組み込みのプログラムをすることができる点が魅力だと思います。

(了)

カテゴリー: ARM, mbed タグ:
コメントは受け付けていません。