ホーム > ARM, Physical Computing, mbed > LAM-daccha2

LAM-daccha2

2014年07月15日 morecat_lab

LAM-dacchaの新しい基板を作成しました。

LAM-daccha V2

LAM-dacchaはLPC1114 + mbed IDE + lpc21ispを使ったArduinoライクなボードです。

前回はmicro USBコネクタを使った基板を作成しましたが、以下の点で問題がありました。

  1. Micro USBコネクタが抜き差しでとれやすい。
  2. ディスクリートパーツを多用したので、組み立てがめんどくさい。
  3. Arduinoのファームファクターを採用しているが、コネクタ位置が合わずに、Arduino用のケースがそのまま使えない。

新しい基板は、普通のUSBサイズのコネクタとSMDパーツを採用しています。

コネクタ位置もUnoに合わせてありますので、Emergeplusさんのプロジェクトボックスなどがそのまま使えます。

LAM-daccha board

lpc21ispを使って簡単に書き込みできます。さらにMacではAppleScriptと組み合わせることで、Webページからダウンロードして直接書き込みするワークフローが実現できて便利。

LAM-daccha and her friends

作ったのは良いのですが、DIP版のLPC1114がディスコンとの噂が。。どうなるmbed LPC1114!?

(了)

カテゴリー: ARM, Physical Computing, mbed タグ:
コメントは受け付けていません。