ホーム > ARM, Arduino, mbed > LAM(LPC-Arduino-Modoki)-daccha

LAM(LPC-Arduino-Modoki)-daccha

2014年02月18日 morecat_lab

LPC1114FN28とlpc21ispを組み合わせて利用するためのArduinoライクな基板を試作してみました。

LAM(LPC-Arduino-Modoki)-daccha

LPCduino overview

LPCduino overview

1. はじめに

前回の実験で、mbed環境でプログラムを作成し、lpc21ispを使ってシリアル経由で簡単にLPC1114をプログラムできることが分かりました。

但し、ブートモードの制御にはFTDIアダプタにない信号が必要になります。そこで、専用の基板を起こしてみました。

2. 回路の特徴

USB-シリアル用に最新のFTDIチップFT231Xを採用しています。なにしろ安く入手可能です。FTDIのDTR/RTSを使ってLPC1114のブートモードを制御しています。

Arduinoへのピン配置は互換性を意識しつつ、配線がなるべく短くなるように配慮しています。

LPCduino Schematic

LPCduino Schematic

3. 実装

ElecrowのSpecial Offerで10cmx10cmサイズの基板が安かったので、専用の基板を起こしました。

なるべく組み立てが容易なように、SMDパーツでしか入手できないパーツ以外はスルーホール部品を採用しています。

LPC1114の電源には3.3Vが必要ですが、FTDIチップから供給するのはやめて、LDOも搭載しました。

電源はUSBまたはDCジャックから5V入力することを前提に設計してあります。(DCジャックの仕様はArduinoとは互換性がありません)

また電源供給のUSB/DCジャックはジャンパで手動切り替え式です。

LPCduino board

LPCduino board

ピン配置

Arduino Side LPC1114FN28
mnemonic mnemonic pin_no
D0 RX dp15 15 Jumper Select
D1 TX dp16 16 Jumper Select
D2 dp1 1 SPI miso
D3 PWM dp2 2 SPI mosi
D4 dp5 5 I2C sda
D5 PWM dp6 6 SPI sck
D6 PWM dp14 14
D7 dp17 17
D8 dp18 18 POWER OUT
D9 PWM dp24 24 POWER OUT
D10 PWM dp25 25
D11 PWM dp26 26
D12 dp27 27 I2C sci
D13 (LED) dp28 28 LED
D14 A0 dp4 4 A-IN
D15 A1 dp9 9 A-IN
D16 A2 dp10 10 A-IN
D17 A3 dp11 11 A-IN
D18 A4 dp13 13 A-IN
D19 A5 dp23 23 RESET
SDA dp5 5 Duplicated
SCL dp27 27 Duplicated

パーツリスト

パーツ名 名称 備考
AZ1117H LDO AZ1117H-ADJ
C1,C9 積層セラミック 10uF
C2,C5,C8 積層セラミック 0.1uF
C3,C4 積層セラミック 47pF
C6,C7 タンタル 10uF
C10,C11 積層セラミック 20p オプション
C12 積層セラミック 0.01uF
F01 ポリヒューズ 500mA
FT231X USB-Serialブリッジ FT231X SSOP-20タイプ
J1 電源ジャック 2.1mm
JP1 3Pコネクタ M03LOCK
LPC1114FN28 CPU LPC1114FN28
M-USB Micro USBジャック ZX62R-B-5P リバースタイプ
Q1 クリスタル 8MHz オプション
R1,R2 カーボン抵抗(1/6W) 27
R3,R4,R10,R11 カーボン抵抗(1/6W) 1k
R5 カーボン抵抗(1/6W) 200 AZ1117H-3.3TRの場合不要
R6 カーボン抵抗(1/6W) 120 AZ1117H-3.3TRの場合不要
R7,R8 カーボン抵抗(1/6W) 1K
R9 カーボン抵抗(1/6W) 100
RESET タクトスイッチ 10-XX
RX LED 3mm
RX-LED1 LED 3mm
RX-LED2 LED 3mm
RXD 2Pコネクタ - RXDジャンパ
TX LED 3mm
TXD 2Pコネクタ - TxDジャンパ
Arduino用コネクタ 6P, 8P x 2, 10P -

4. 使い方

以下の3ステップで開発します。

(1) mbedコンパイラでプログラム作成

(2) コンパイル&ファイルダウンロード

(3) lpc21ispで書き込み

 % lpc21isp  -control -bin YourBinaryFile.bin /dev/cu.usbserial-DC008OG6 115200 48000

(了)

カテゴリー: ARM, Arduino, mbed タグ:
コメントは受け付けていません。