ホーム > オーディオ > LXU-OT2をケースに入れる

LXU-OT2をケースに入れる

2013年01月01日 morecat_lab

Stereo誌2013年1月号にはヘッドフォンアンプ付きUSB-DACが付属しました。

早速、いつものケースに入れてみました。

LXU-OT2 in case

LXU-OT2 in case

利用したパーツ

  • ケース TAKACHI MX4-13-10BB 1個
  • T-600貼り付けボス 4個
  • 9mmナット
  • RCAジャック 2個
  • 3.5mm ステレオジャック
  • LED(緑)

加工方法

1.基板の加工

基板にのっているRCAジャック、LEDとボリュームをハンダ吸い取り線を使って取り外します。

LXU-OT2 mod

LXU-OT2 mod

2. ケースの加工

今回もTAKACHIのシリーズからMX4-13-10BBを採用しました。パネルがプラスチックなので、金属加工をしなくて済みました。

・裏面にはUSB-BコネクタとRCAジャック用の穴を開けます。

・表面にはボリューム、ヘッドフォンジャック、パイロットランプ用の穴を開けます。

現物合わせで何とかなります。

3. 組み付け

基板はT-600貼り付けボスを使いました。RCAジャック、ヘッドフォンジャックおよびボリュームはネジ止めします。

ボリュームにはナットが付属していないため、9mmナットを別途調達する必要があります。

4. 配線

あとはひたすら配線あるのみです。

基板の対応するランドから線を延ばして配線するだけです。

特にヘッドフォン端子は左右の配線を間違えないようにします。

LXU-OT2 inside case

LXU-OT2 inside case

4. チューニング

とりあえず、ヘッドフォン用のOp Ampを手持ちの物に交換してみました。

(了)

カテゴリー: オーディオ タグ:
コメントは受け付けていません。