ホーム > AVR, Syhthe > MeeBlipをケースに入れる

MeeBlipをケースに入れる

2012年06月27日 morecat_lab

MeeBlipはAVRを使ったデジタルシンセサイザーです。

MeeBlip Microキットを購入し、使い易いように、ケースに入れてみました。

MeeBlip Case

1. MeeBlipとは?

MeeBlipはAVRを使ったデジタルシンセサイザーです。以下のページに関連する情報があります。

githubでソースコードや設計情報などが公開されています。OSHWですので改造なども自由にできます。

また、Reflex Audio Systems社からリーズナブルな価格でキットも販売されています。キットを購入すれば、自分で部品を集めなくても済みます。

今回は、基板のパーツがセットになっているMeeBlip microキットを購入しました。日本からの注文した場合、カナダから航空便で約2週間かかりました。

2. MeeBlip microキットの改造

MeeBlipのキットは数種類あります。音をだす信号処理のエンジンは同じですが、少し構成や機能が変わります。

MeeBlip microは$39.99と最も安価なキットです。キットには基板と基板上に取り付けるパーツが付属しますが、別にケースやスイッチなどを集めて組み立てる必要があります。手間はかかりますが、世界で一台のオリジナル設計のシンセサイザーを作ることができます。

他のモデルの場合、シンセサイザーのパラメータを操作するためパネルにボリュームが8個とスイッチが16個付きます。microの場合にはパラメータは全てMIDI経由で制御することができるため、パネルに全くスイッチやノブのないシンセサイザーとすることもできます。最低限必要な端子は、電源とMIDI入力、信号出力用端子のみです。

今回は次の構成とすることにしました。

  • 全部ソフト制御では味気ないため、microの基本機能を使うためのボリューム、スイッチを付ける(各8個)
  • シリアルMIDIは取り付けずに、Moco基板を使って、直接USB-MIDIからならせるようにする。
  • 電源もUSB-MIDI経由でホストから供給する。

3. パネルの設計

ケースを作成するのは手間がかかるため、今回は市販のケースを使うことにしました。操作し易い斜めのコントロールボックス型のケースをTAKACHIの商品からCF型傾斜コントロールボックスを選択しました。

パネルの加工は手間がかかるし、文字入れなども必要になるため、レーザ加工のアクリルを使ってみることにしました。ちょうど、Emergeplusさんで加工賃半額セールを実施していたので、利用させてもらいました。

パネルは以下の手順でデザインしました。

  1. ケースの仕様書からパネルのサイズや穴の位置、組み立てに必要なマージンなどの情報を取得
  2. CADソフトでパネルを設計する。今回は無料のInkscapeを利用しました
  3. プリンタで実寸大で印刷して、状態の確認。
  4. 再度CADソフトで修正(2へ戻る)
  5. 納得の行く設計ができた時点で発注

Panel Design Panel Layout 1 Panel Layout 2 Panel Layout 3

最初はボリューム8個を横に並べる設計としましたが、実際に印刷して確かめてみると、ノブの間隔が近すぎて操作しにくいことが分かりました。このため、横に並べる数を6個に減らして、代わりに縦を3段にしました。文字と記号を入れましたが、スペースの都合でアルファベット文字の横幅の少ない文字を選びました。

加工素材としてアクリルの押し出し材を注文しました。Emergeplusの山田さんから、これだと文字が綺麗にでないとのアドバイスをもらい、キャスト材に変更しました。板厚は3mmのコバルトブルーを選択しました。黒のケースとマッチしていると思います。

4. 組み立て

アクリルが届いたところで、パーツの組み付けと、TAKACHIケースの加工を行いました。

現物に合わせてみたところ、スイッチの穴が小さかったので、テーパリーマで少しだけ拡げました。その他は大きさ、位置ともに良い感じです。

Panel with cover sheet

Panel cover removed

IMGP7448

次に、TAKACHIのケースを加工します。1.5mm厚のアルミアングルですが、この加工が一番たいへんでした。

moco to case

USB Connector

あとは一気に配線すれば完成です。スズメッキ線でボリュームスイッチ間をつなぎ、基板との配線はフラットケーブルを使いました。基本はデジタルシンセなので、配線もすっきりしています。

MeeBlipCaseOpen

5. 使う

USB-MIDI端子をパソコンにつなぐだけで、直ぐに利用できます。パソコンの代わりに、iPadからも利用可能です。

iPad用のアプリでTouchOSCではシンセのパラメータを制御することができます。お勧めです。

(了)

カテゴリー: AVR, Syhthe タグ:
  1. Bruno
    2012年06月30日 2012年06月30日 | #1

    Awesome! :-D

コメントは受け付けていません。